HACCP(ハセップ)

薩摩川内うなぎ株式会社は日本惣菜協会認定HACCPに認定されています。
HACCP(ハセップ)とは食品の衛生管理の方法で、ある食品についてその食品が起こすであろう危害を分析し、そこから重点的に管理をしなければならない点を見つけ出して管理することで食品の安全性を守るというシステムです。
HACCPはNASAが宇宙食などの食品の安全性を確保する為に構想した方法で、これが現在多くの食品の安全性確保に応用されています。
この方法により効果的かつ効率的に食品の安全性と健全性を確保でき、お客様によりいっそう安心してうなぎ蒲焼をお召し上がりいただけます。
>> HACCPの認定証のpdfはこちら
HACCPの意味と従来との違い
HACCPは"Hazard Analsis and Critical Control Point(危害分析重要管理点)"の略称です。
国連の国連食糧農業機関(FAO)と世界保健機構(WHO)の合同機関である食品企画(Codex)委員会から発表され、各国にその採用を推奨している国際的に認められたものです。

従来の「食の安全性」とは、製造する環境を清潔にし、綺麗にすれば安全な食品が製造できるであろうとの考えのもとで、製造環境の整備や衛生の確保に重点が置かれてきました。
そして、製造された食品の安全性の確認は、主に最終製品の抜き取り検査により行われてきました。
しかし抜き取り検査の場合、危険な食品が市場に出て食中毒を引き起こす可能性を排除することができません。
これに対してHACCP方式は、これらの考え方ややり方に加え、原料の入荷から製造・出荷までのすべての工程においてあらかじめ危害を予測し、その危害を防止するための重要管理点を特定してそのポイントを継続的に監視・記録し、異常が認められたらすぐに対策を取り解決するので、不良製品の出荷を未然に防ぐことができるシステムです。
従来方式とHACCP方式との比較